さつきのミニマム生活と人生雑記

人生をおもしろいものに変えてしまおう。生き方、読書、雑記、子育てブログです。

依存症と向き合い、ただ静かに休日を過ごしてみる

わたしには厄介な2つの依存症があります。かれこれ15年ほど、やめたいと思いながらやめられずに過ごしてきました。その依存症は

 

 

ギャンブル依存症(スロット)
②ニコチン依存症
の2つです。

 

 

やめようと決意したことは何度もありました。例えば、

 

・仕事に就いたらやめよう→失敗。むしろ増える。

・結婚したらやめよう→やめれず。隠れてコソコソ続ける。

・子供が出来たら→いまココ。

 

等々、人生の転機をきっかけにやめようとするも失敗。もはや失敗すると思われて仕方ないと思います。

 

 

今年は様々なことに挑戦したい!と思い立ち、今年の目標の1つに禁煙と禁パチ禁スロを掲げました。子供が生まれた今このタイミングしかない!必死で本を熟読して始まりました。

 

f:id:manatokokun:20170717224802j:plain

 

 

どうしてもやめたい!

 

 

やめたい最大の理由は、自分と家族が本当の幸せにはなれないと思ったからです。ツラい思いをさせる事が必ず出てくると思ったのです。

 


今日は本当に静かに時間を過ごしました。

 

 

子供が泣けば抱っこ。窓の外の景色を眺める。のんびりコーヒーを飲む。心と体を休めるために瞑想する。こんなに静かで穏やかな時間があるなんて!と不思議な気持ちになっていたのです。

 

 

かつては土日になるとパチンコ屋に行きたくてソワソワし店に足を運んでました。そんな生活を続けていたら、静かに家で過ごすことがどんなに心安らぐのか、完全に忘れていたようです。

 

 

今日は静かに過ごして本当に良かった。思えば何も生み出さない時間を繰り返してしまっていた。もうあの生活には何がなんでも戻りたくないな。

 

 

これから苦しいときもあるだろう。禁断症状も出るかもしれない。しかし過去の失敗から考えると、それは良くなってきている兆候ともいえる。

 

 

依存症に泣いたわたしには、良い薬となる1日だった。これからは幸せになる勇気を持ちたい。