人生のスタンス

大切なのは行動を積み重ねること!書評ブロガー、雑談ブロガー、ミニマリスト見習いとして活動しております!

立ち止まるのか、前進するのか

 

その場に立ち止まる。

何もしない・・・

 

それは自分ではその場に立ち止まっているつもりでも、実は後退しているともいえるかもしれません。

 

f:id:manatokokun:20170801222905j:plain

 

進まざる者は必ず退き、

退かざる者は必ず進む。

福沢諭吉の名言より

 

 

「立ち止まる」ということは一見、前にも後ろにも行かずにその場に留まる、といったように思うかもしれません。

 

しかし、周囲は常に進み続けているます。

そのため、立ち止まっている人は結局後退しているのと同じだということになります。

 

例えば、

試験の最中に何もしないでボーッとしていたら、時間が来て終わってしまいます。

バスケットの試合で立ち止まっていたら、相手に点をとられまくります。

人生だって何もしないでいたら終わってしまいます。

立ち止まっていても時間は進み、状況は悪い方に進むということになります。

 

 

立ち止まることが後退するというならば、後退しないためには前進するしか方法がないことになります。前に進むには、前に進むだけ。

 

マラソンで疲れてその場に立ち止まってしまったら、ゴールには一歩も近づけません。それでもゆっくりでもいいから歩いていけば時間はかかってもゴールに近づいてきます。

 

まるでうさぎとカメのような話ですね・・・

 

 

諸行無常で水の流れが絶えず移り変わるように、自分一人だけが同じ場所にとどまっているなんてありません。

 

現状維持は後退、ならば前に進むしかないでしょう。

 

必要以上に考えるのは良くないし、他者との競争なんてしなくてもよいのですが、前髪なんて後退してでも前に進んでいきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきまして、

ありがとうございました。