人生のスタンス

大切なのは行動を積み重ねること!書評ブロガー、雑談ブロガー、ミニマリスト見習いとして活動しております!

変えられないものを受け入れる!それは大きなパラダイムシフト。

 

変えられるものは変える勇気を、

変えられぬものは受け入れる冷静さを、

そして、それを見分ける知恵を与えたまえ

 ニーバーの「祈りの言葉」より引用

 

 

アメリカの神学者ニーバーの「祈りの言葉」です。

 

 

どこかで聞いたことがある言葉だと思ったら、宇多田ヒカルさんの「Wait&see~リスク~」にも似ている歌詞がありました。

 

 

変えられるものと、変えられないものとは一体何を指すのでしょう?

 

f:id:manatokokun:20170803215229j:plain

 

 

変えられないもの

 

 

一つは自分以外の人。例外はあるけど、他人を変えることはできない。

 

なぜなら相手には相手の考えがあり、物事を選択するのは相手だから

 

 

どう考えても正しいと思っても 

 

 

 例えば「どう考えても正しい」と自分が思って、その考えを相手に押し付けても、相手が正しいと思うとは限らない

 

「どう考えても正しい」というのは、あくまで「自分でどう考えても」だからだ。

 

正しいかを判断するのは相手だから、自分に出来るのは相手に選択肢を提案することそして相手の選択を受け入れること等があげられる

 

 

他人を変えようとしない

 

 

このような名言もあります。

 

人と人とのあいだに起こる問題のほとんどは、

誰しもがまず、 他人を変えようとするところから発生するのです。

 ロバート・コンクリンの名言より引用

 

 

人間関係というものは本当に大きな問題と思う。時にその悩みは人の命の問題にまで発展するからだ。

 

 

この名言の通り、もしかすると人が怒ったりイライラしたりする原因に、相手に何かを望んでいる事や、他人を思い通りに変えようという気持ちがあるかもしれない。

 

 

例えば夫婦のケンカなんて、よくあてはまるのではないか。お互いの不満をぶつけあったりするあのケンカだ。

 

交通渋滞や満員電車のイライラ等、様々なイライラにも、これがあてはまる部分がある。

 

変えられないものを変えようとしたところで、期待していた変化を得ることはできない

 

そして自分が苦しんだり、怒ったり、悩んだりすることになる。それは無駄な反応ではないだろうか。結局怒ったって何も変わらないのだから。 自分がイライラして損するだけだ。

  

何かを変えることを望んで、職場の部下、家族や友人にぶつけて怒るのは身勝手でお門違いになりえる。

 

ここでも「自分は自分、人は人」。

 

自分のことは自分次第で、相手のことは相手に委ねることになる。

 

変えられないものを変えようとして、そこにエネルギーを注いでも、何も変えられず無駄な努力で自分のプラスにはならない。

 

f:id:manatokokun:20170804223459j:plain

 

 

変えることができるもの

 

 

自分の内面は努力して変えられるものがあるはず。いかに自分といっても身長とか血液型とかは基本的には変えられない。

 

今の自分に変えられるものと変えられないものを見極める。そして変えられるものは変える。変えられないものは受け入れる。

 

変えられないのなら受け入れて、さっさと変えられるものを変えたほうが自分のためではないか。

 

受け入れてしまえば、余計で無意味なストレスも大きく減らすことができる。ストレスが全然変わる。

 

結果の大きなパラダイムシフトになりえると思う。

 

 

・・・という事で、これも提案に過ぎないのです。

 

目を通していただきまして、

ありがとうございました。