さつきのミニマム生活と人生雑記

人生をおもしろいものに変えてしまおう。生き方、読書、雑記、子育てブログです。

依存症と向き合い、ただ静かに休日を過ごしてみる

わたしには厄介な2つの依存症があります。かれこれ15年ほど、やめたいと思いながらやめられずに過ごしてきました。その依存症は

 

 

ギャンブル依存症(スロット)
②ニコチン依存症
の2つです。

 

 

やめようと決意したことは何度もありました。例えば、

 

・仕事に就いたらやめよう→失敗。むしろ増える。

・結婚したらやめよう→やめれず。隠れてコソコソ続ける。

・子供が出来たら→いまココ。

 

等々、人生の転機をきっかけにやめようとするも失敗。もはや失敗すると思われて仕方ないと思います。

 

 

今年は様々なことに挑戦したい!と思い立ち、今年の目標の1つに禁煙と禁パチ禁スロを掲げました。子供が生まれた今このタイミングしかない!必死で本を熟読して始まりました。

 

f:id:manatokokun:20170717224802j:plain

 

 

どうしてもやめたい!

 

 

やめたい最大の理由は、自分と家族が本当の幸せにはなれないと思ったからです。ツラい思いをさせる事が必ず出てくると思ったのです。

 


今日は本当に静かに時間を過ごしました。

 

 

子供が泣けば抱っこ。窓の外の景色を眺める。のんびりコーヒーを飲む。心と体を休めるために瞑想する。こんなに静かで穏やかな時間があるなんて!と不思議な気持ちになっていたのです。

 

 

かつては土日になるとパチンコ屋に行きたくてソワソワし店に足を運んでました。そんな生活を続けていたら、静かに家で過ごすことがどんなに心安らぐのか、完全に忘れていたようです。

 

 

今日は静かに過ごして本当に良かった。思えば何も生み出さない時間を繰り返してしまっていた。もうあの生活には何がなんでも戻りたくないな。

 

 

これから苦しいときもあるだろう。禁断症状も出るかもしれない。しかし過去の失敗から考えると、それは良くなってきている兆候ともいえる。

 

 

依存症に泣いたわたしには、良い薬となる1日だった。これからは幸せになる勇気を持ちたい。

マンガ本を断捨離して得られたメリット。持っているだけではありませんか?

処分しないと増えるばかりの本。ドラゴンボールやワンピースといった名作を集めるのが好きでした。気付けば数百冊になった本。もう何年も開いていない本が並んでいきました。

 


本は購入したらずっと手元にあるのが当たり前だと長年にわたって思い込んでいたのです。

 


読まなくなった本でも、いつか読む時がくるかもしれない。もったいないし捨てるのもなあ・・・。本は増え続ける一方でした。

 


そんな私でしたが数百冊の本を処分する決断をしました。

 

f:id:manatokokun:20170806195940j:plain



本を捨てて起きた変化

 


本と同時に本棚も2つ処分して部屋がスッキリ。片付いた部屋にいると、集中したいものや大切なことに意識が向けやすくなりました。

 

 

人は視界に入るものに無意識のうちに影響をうけています。たとえば、マンガやゲーム、スマホなどが視界にあると行動の選択肢が多岐になり、やるべきことに集中しにくくなります。そこでモノを視界からなくす事により、意識しなくなります。物理的にだけでなく思考からもなくなるわけです。よって集中力が増す事につながります。

 


本を所持するにもデメリットがあった

 

・放置すれば本は汚れていきます。環境が悪いとカビが生えるなど、あまり衛生上よくないです。

 

・モノが増えて部屋がせまくなります。

 

・モノが増えると自然と雑念が生じたるものです。などなど・・・

 

 

処分するコツ

 

何年も着ない服が処分の対象となるように、本も数年読んでいない本は捨てていきます。

 

 

もし古本屋に行けば数十円が得られます。安いですが小銭にはなります。

 

 

処分するのに未練があっても大丈夫。また読みたくなったら漫画喫茶などで読んでみてはいかがでしょう。

 


後で後悔するかもしれないと思いながら処分した

 

スッキリいたしましたが、後で後悔する可能性はあるなーと思いながら捨てました。本は好きだから買ったものばかりです。思い入れのある作品もたくさんありました。

 

 

処分してから1ヶ月が過ぎました。後悔はありません。それどころか、もう無いモノなので捨てた本を意識することもありませんでした。

 

 

捨てることで、モノへの執着も一緒に捨ててしまっていたのかもしれません。

 

 

あとがき


月日が流れて読まなくなった本は持ち続ける事にも意味があると思います。しかし、捨てることにより新しい何かが生まれることにもまた意味があります。意味もなくただ置いているつもりでも、実は思考や集中力のエネルギーを奪っているかもしれません。

 


今後どう生きていきたいか、ライフスタイルと照らし合わせて判断すると良いと思っています。

 


目を通していただきましてありがとうございました!足跡を残していただけると励みになります!

ペットは本当に幸せを運んできてくれる。それは他にはない特別なもの。

今回は人とペットの幸せについてです。

 


窓の外を眺めると、イヌと散歩している方をよくお見かけします。

 

イヌはとっても嬉しそうな顔でシッポをフリフリ歩いていきます。

 

イヌはどんなことを思っているのだろうか?本当のところはよくわからない。

 

けれど飼い主との散歩が楽しくて夢中になっている様子。とても幸せそうに見えます。

 

その無邪気な姿を見て
わたしはいつもホッコリしています。

 

f:id:manatokokun:20180112205115j:plain

 

とあるお店のおばあちゃんが言った言葉

 

とあるお店を営むおばあちゃんは、たくさんのペットを飼っています。

 

そのお店に行くと、ペットがわたしにじゃれてきてくれます。

 

お店のおばあちゃんはある日こう言いました。


わたし 「ペットがほんとうに大好きなんですねえ」

 

おばあちゃん 「ああ」
(正確にいうとナマりがあるので、ああ、ではない。んあーあ、かな)

 

おばあちゃんは優しい顔で話した。

 

おばあちゃん 『ペットは本当に幸せを運んできてくれる』


ペットは本当に幸せを運んできてくれる。という言葉に、わたしは共感しました。

 

「なるほどー。ペットとはそういうものなのだなー」と。思いあたることがありました。

 

f:id:manatokokun:20180112205150j:plain


たとえば、わたしはイヌ、トリ、ウサギ、カピバラが特に大好きです。

 

そのかわいくて愛らしい姿を見ているだけで何度も心から癒されてきました。

 

よくない感情を持っていた時も優しい気持ちになれるのでした。

 

また、飼っているペットはいつも一緒にいてくれます。

 

たとえば、人間には人と会いたくない時もあれば、そもそも人と関わるのが嫌な方もいるでしょう。または望んでないのに独りになる方もいます。そんな時はペットがいてくれると人は救われたりします。


人は人間と動物にある長い歴史が始まってから、動物達に数えきれないほどの幸せを運んでもらってきているのです。

 

その幸せは動物との出逢いがなければ触れることのなかった、他の何にも変えられない幸せなのかもしれません。

 

 

目を通して頂きましてありがとうございました。足跡を残していただけると励みになります!

スクワット特化型ダイエット。開始1週間で効果を実感。

ダイエットは継続さえできれば成功します。途中でやめちゃうから、わたしのように太るんです。


こんにちは!自己最重量記録更新中のさつきと申します。

万年、体重は抜群の安定感を誇る右肩上がり。ところが少し前に体重を計って愕然としました。

 

f:id:manatokokun:20180109193523p:plain

 

( ; ゜Д゜)

 

 

とりあえず記念撮影。


急増。


見たことない数字を見てさすがにショックを受ける。増量は硬いカラを破り新時代に突入したのだろうか。

 

新年を迎えて目標を新たに燃えたいと思います。スクワットダイエットを始めて1週間が過ぎましたので、経過を綴ってみます。


ダイエット方法はスクワットを選択

 

今までは失敗ばかり。3日坊主で続きませんでした。原因はアレもコレもやろうとして結局続かなかったことです。

 

だからシンプルに!
スクワットに集中してみます!

 

その方が継続しやすそうだから。スクワットの効果の高さは最近耳にする機会が増えましたよね。腹筋よりもずっと効率が良いのだとか。足を鍛えることは老後の健康面でも大切ですし一石二鳥です。


ダイエット1週間の体重記録

 

始めたのは1月1日。
初日は肩慣らしで5回×10セットから開始。2日目から足にあまり効いてないようだったので、20回×3セットにしました。怠けた体は筋肉痛でした。

 

以下、記録です。

 

1日目 74.8キロ
2日目 74.2キロ
3日目 74.5キロ
4日目 74.4キロ
5日目 74.4キロ
6日目 74.3キロ
7日目 74.2キロ

 

f:id:manatokokun:20180109193854p:plain

まだ、体重の数値は大きな変化がありませんでした。
ところが体には確かな変化があったのです。

 


スクワットをやったら生活が快適になった

 

5日目くらいから体が軽く感じられました。普段歩くよりもずっと楽に!立ち仕事の多いわたしですが快適にこなせるようになりました。


あとがき

 

継続は簡単ではないけれど、まずは1ヶ月!少しずつ負荷を上げていきたいと思っています。きっと体重も結果が出てくると信じて。

 

お読み頂きましてありがとうございました。励みになります!

成人式にどうしても出たくなかった理由と後悔の有無

今日は成人の日

 

テレビも成人式のニュースで盛り沢山だ。晴れ姿の楽しそうな人々。かつての仲間と会えることを楽しみにしている人も多いことだろう。

 

大多数にはとてもハッピーで、心からおめでたい1日だ。一方で行きたくない人がいることもまた事実である。

 

私の成人式は十数年も前の事になるのだけれど・・・。ニュースを見て、どうしても行きたくなかった事を思い出してしまった。

f:id:manatokokun:20180108192320j:plain

 


どうしても成人式に出たくなかった理由

 

学生時代に友達がいなかった事が最大の理由だ。片手で数えるくらいの友はいた。しかし、みんな同様の理由で欠席した。友達がいない人はどこにでもいる。同じ理由で行きたくない人はそれなりにいると思っている。

 

わたしはもし参加したとしても孤立するであろう姿が頭から離れなかった。周囲は和気あいあいと楽しむだろう。そんな中で一人になる。当時のわたしにはそれが恐怖だったのだ。

 

ちなみに・・・

 

学生時代に苦い思い出がある。会いたくない人もいる。なんだか暗い話なのだけれど、今は家族と友がいるし幸せに生きている。だから、もはやただの過去でしかない。


欠席したことに後悔は一切ない

 

大学に在学中だったわたしは、当時好きだった人に成人式について「一生に一度きりだよ」と促された。ごもっともです。後で後悔しても、もう二度とないです。

 

しかしそれは参加する理由には全くならなかった。例えば、普通は結婚式だって人生に一度きりだ。しかし、結婚式を挙げたくない人なんてザラにいる。それと一緒だ。

 

『一度きり』だからといって、『かけがえのない大切なものとは限らない』。そういうものは人生においていくらでもあるのだ。

 

後悔は一度もしたことないし、これで良かったと思っている。楽しい事には参加すべきだし、辛いことなら参加する必要はないと思うのである。

 

一度きりといえば、人生だって一度きり。自分が後悔しない選択をすれば、それで良いのだ。

 

目を通していただき、ありがとうございました。励みになります!

休日や連休に充実した時間を過ごす方法

2018年のカレンダーをみると、連休がけっこうありますね。休日は多くの人にとって貴重な時間ではないでしょうか?

 

例外はありますが、社会人には学生のような長期休暇がありません。職によっては連休でさえ少ないこともあります。

 

仕事の時間はながく感じられ、休みはあっという間の短さに感じられるものです。

 

そんな大切な休日を、より充実に満ちた時間とするための過ごし方について、考えていきたいと思います。

 

連休を前にして「何をして過ごそうかなあ(ワクワク)」と考える。しかし、いざ始まってみれば怠惰な生活をして時間を浪費してしまい、気付けば連休最後の夜になる。そんな経験が思い当たる方はいないでしょうか。・・・そう、私です・・・。

 

f:id:manatokokun:20180107163901j:plain

 

怠けて過ごして後悔しない!充実した時間を送る方法

 

好きなことに集中する

 

人はどうも楽な方に流されがちです。そうではなく、好きなことをして休日を過ごしてみること。『好きな事』と『楽な事』は、互いに似て非なるものです。楽な方を選んで、寝正月になったりするわけですが(笑)

 

自分が本当に好きなことに熱中することそのものが時間を大切にしているともいえます。充実感も得られ、ストレス解消など、様々なメリットが期待できるでしょう。

 

昨今、好きなことをして生きるとよく言われます。充実した生き方にも良い影響をもたらす1つの手段となるはずです。

 


予定を立てて行動する

 

予定を立てて実践すると、自然と時間を意識して行動できます。実りある時間にも期待できますね。計画を見れば、やりたいことが何かを自分で確認できるだけでなく、実際にやる時間もとれます。ぼんやりと時間を浪費する機会も減るかもしれません。

 


本当は何をしたいのか考え、行動していく

 

いま、『自分が本当にやらなければならない事、やりたい事は何か』を考える。やらなくても良いことは、やらない事を選びます。やることを選択して絞りこみ、集中して時間とエネルギーを投入します。

 

人は自分の人生をより良いものにしたいと考えます。自分が本当にやりたいことや、人生を変えるため、夢を叶えるための努力を行う事は、とても有意義な時間です。

 

 

早起きする

 

『早起きは三文の徳』といいますが、実際に早起きをして行動を開始する成功者の方が多いのは、よく耳にする話です。また、『一日の計は朝にあり』といいます。充実した1日を過ごす方法に、朝の早起きは大きな効果があります。

 

朝の早起きはシンドイこともあります。しかし、1日のスタートである朝から気持ちよく始められたら、きっと良い日になりそうです。

 

何か新しいことをやってみる

 

始めての体験は新鮮味があり、新しい発見がある1日になるかもしれません。

 

 

まとめ・あとがき

 

休むこともとても大切な事です。もし疲労があるならば、休日にしっかり休むべきです。休むのも貴重な時間ですので。

 

しかし、質の高い時間を過ごすには、何かしらの行動を起こす必要があります。なかでも大切なことは、目の前にある一瞬一瞬である今この時を、全力で生きる事ではないかと思っています。

 

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します!目を通していただき、ありがとうございました!

 

 

 

『君たちはどう生きるか』を読んでみた【本の感想】

ここ数年、私は自分の仕事に疑問を持ち、悩んでいた。「生き方」を考える事が、ずっと多くなっていた。

 

今年は不正を行い、目先の利益を求める会社が何件かニュースになった。とりあげられた会社はあくまで氷山の一角だ。今年、私が勤める職場はそんなこんなで赤字経営となり、頭痛もピークに達していた。

 

そんな時に出逢った本が君たちはどう生きるか。今回はその感想を書いていきたい。著者は吉野源三郎さん。本書は1937年に発刊された名著を漫画化したものである。

 

漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

 

 

主人公のコペル君と同じ、中学生の年代が対象なのかもしれない。しかし、大人でも気付きがたくさんあり、忘れていた大切なことを思い出させてくれる部分があると思う。

 

主人公が生き方を学び、考えていくところは、私にも過去に似たようなことがあったなー、と共感する場面が多かった。いろいろな事を思い出しながら読んだ。

 

そして大切な事に改めて気付かされた。どんな方々が読んでも、いくつかの言葉のなかに、生き方のヒントを何か得られるのではないだろうか。

 

 

f:id:manatokokun:20170803215229j:plain

 

人は生きていれば、嫌だと感じる事も沢山ある。その時に感じ、考えたことは、大切なものではないか。

 

そして、もっと大切なのは自分が感じたことの意味を考えていく事である。踏み込んで考えていくと、自分がどう生きたいか、わかることがある。未来につながることが沢山ある。

 

だからこそ、自分が本当に感じたことから逃げたり、ゴマかしたりしてはいけない。また、考える過程でも自分の都合の良いように解釈すべきではない。

 

ゴマかしたものは、本当の自分の気持ちではなくなる。だから意味のないものになってしまいかねない。

 

生き方を考えるのは大切だ。でも、考えて終わりでは勿体無いしあまり意味がない。頭の中にしまっておくだけではなく、その生き方を実際にしていかないと、現実は何も変わらないのだ。

 

本気で考える。そして本気で行動すること。

生き方は自分で決めるのだ。何かがふっきれた気がした。


目を通していただきまして、ありがとうございました!